【競輪レース予想】立川競輪 鳳凰賞典レース(G3)の勝ち方

最新更新日:2022年05月18日に更新しました!

お知らせ

5/18更新 ワンダーランドカップ 初日特選の勝ち方 ≫

競輪の勝ち方 立川競輪(G3) 鳳凰賞典レース


立川競輪(G3) 鳳凰賞典レース
開催期間 2022年1月4日~1月7日開催
賞金 381万円
注目選手 平原康多
地元注目選手 河村雅章
立川競輪(G3) 鳳凰賞典レース
開催期間:2022年1月4日~1月7日開催 賞金:381万円 注目選手:平原康多 地元注目選手:河村雅章


立川競輪(G3) 鳳凰賞典レースの勝ち方

❶出走条件や優勝賞金は?
S級選手のみ出走でき、12R4日制で開催される。優勝賞金は381万円


➋開催場の特徴と傾向
立川競輪場は400mバンクで、直線が長い。そのため、先行選手よりも追い込み選手の方が有利になりやすい。改修工事の影響により、以前よりも風の影響を受けやすくなっている。番手選手でも影響を受けることがあるため、思わぬ高配当が出る時も。KEIRINグランプリ発祥の地としても有名であり、ビックレース開催時は他の競輪場よりも大きく盛り上がりを見せるバンクである。


❸注目選手とその理由
競輪グランプリで惜しくも優勝を逃した平原康多のリベンジに期待。同地区の3番手を主張し優勝が期待されたグランプリだったが、捲ってくる古性の勢いを止めることが出来ず2着に終わってしまった。その悔しさを晴らすためにも地元地区開催の今開催で、是が非でも優勝を勝ち取りたいはず。気持ちを切り替えることが出来ていれば、実力的にも間違いなく優勝候補に挙げられる。今年で40歳も迎えるが、今でもトップレベルの競輪選手であることには変わりない。出走するレースでは必ず連下に入れておきたい選手だ。実力ある若手選手の番手を主張した際には、本命視しても良いだろう。


❹地元の注目選手
立川競輪場をホームに置いている選手の中で、唯一のS級1班選手である河村雅章に注目したい。2007年に今開催場所である立川競輪場でデビューしてから、10年以上走り続けているベテラン選手。現在では捲りや追い込みを武器としている選手のため、地元の後輩選手を前に置いた番手戦が多くなるだろう。未だグレードレースでの優勝経験は無いが、F1・G3問わず度々決勝に乗ることが出来ているため、今開催でもまずは決勝に乗る事に専念したい。最近の調子を見ると好調とは言えないが、2022年一発目のレースが地元開催ということで結果を残して欲しいところだ。


❺鳳凰賞典レース 初日特選の流れ
1番車は新田祐大。単騎か。前場所の伊東G3では優勝を勝ち取ることに成功しているため、脚の調子は良いと判断するべき。単騎勝負ではあるが、別線を捲り切る実力はあるため、本命視しても問題はない。

2番車は平原康多。⑨吉田の番手か。⑨吉田とはビックレースで何度も連携を取っているため、離れる心配はまず無いだろう。グランプリで入着した実力があるため、連下には必ず入れておきたい選手。

3番車は小倉竜二。⑧太田の番手か。前を託す⑧太田の最近のレースを見ると、好調では無いように見受けられる。そのため、1着を勝ち取るのは難しいだろう。

4番車は渡邉雄太。単騎か。別線を単騎で捲り切る可能性が低いため、1着を取るのは厳しそう。3着止まりか。

5番車は清水裕友。自力か。前場所のグランプリでは不発に終わってしまっているため、今レースでも1着を取るのは厳しそう。とはいえ、実力ある選手で間違いないため連下には絡めておきたい選手だ。

6番車は桑原大志。➄清水の番手か。同県の後輩である➄清水が前を走るため、先行する可能性は十分にありえる。番手絶好を確保することが出来れば差し切る力がある選手のため、1着で予想するのはアリだ。

7番車は浅井康太。単騎か。単騎勝負ではあるが、立ち回りが巧い選手のため1着を取る可能性は否めない。前場所の豊橋F1でも完全優勝を果たしているため、脚の調子は良いだろう。車券に絡めておきたい選手。

8番車は太田竜馬。自力か。最近のレースを見ると、入着できていない。そのため、車券から外しても良いか。

9番車は吉田拓矢。自力か。グランプリ同様に先行を決意するとなれば、車券から外しても良いだろう。しかし展開次第では捲りからの入着もある選手なので、②平原を本命視した際には連下に入れておきたい。

❻鳳凰賞典レース 決勝の勝ち方(的中予想)
先行を主張している⑧木村の自力から、③新田の番手捲りが人気を集めるだろう。③新田が早い段階で仕掛けて行けば、④菊地が初のG3優勝を飾るのも夢ではない。そんな北日本勢に対し、別線の実力者達がどのように立ち回るのか。②浅井の追い込みや、①吉田・➄清水の捲りも十分に強力だ。この3名の中から、先行や先捲りを決意する選手が出れば、高配当も狙える展開になるだろう。③新田を本命に置きながらも、対抗が絞れない難解なレースになりそう。

1番車は吉田拓矢。自力か。今年からS班に昇格した実力はホンモノである。特に二次予選では、先捲りを仕掛けたにも関わらず一人旅での1着を勝ち取っている。予選を通して、他選手とは「一味違う」と思わせる走りを見せてくれているため、車券には入れておきたい。

2番車は浅井康太。自力か。初日から切れ味抜群の追い込みで車券に絡んでいる。準決勝では2着に喰い込むも、ゴール直後のトップスピードを維持したまま落車。コンディションが心配されるが、問題無ければどの位置からでも追い込みが脅威となる。立ち回りが巧い選手のため、優勝する可能性は十分にある。

3番車は新田祐大。⑧木村の番手か。⑧木村が先行を主張していることから、番手捲りで仕留めるのが作戦だろう。しかし、別線からの妨害があるのは容易に察する事が出来るため、別プランも用意した上で決勝に臨む可能性が高い。何はともあれ、圧巻のスピードを持ち合わせているため本命視しておきたい選手だ。

4番車は菊地圭尚。北日本勢の3番手か。二次予選から③新田の追走に専念し、手堅く入着を決めている。決勝でも同様に、追走に専念しチャンスを狙っていくだろう。一次予選で差し切れていることから、展開次第では優勝も否めない。

5番車は清水裕友。自力か。先行・捲りが武器の選手ではあるが、今開催のレースを見ると好調とは言い難い。一時的に頭へ出る可能性はあるが、優勝を勝ち取るのは難しそう。連下止まりか。

6番車は稲村好将。①吉田の番手か。二次予選から①吉田の追走に専念し、決勝に乗っている。優勝を取る可能性は低いが、①吉田の1着を予想した際は連下に入れておきたい。

7番車は桐山敬太郎。②浅井の番手か。②浅井が仕掛けるのは最終バック以降だろう。そのため、⑦桐山が優勝を勝ち取るのはかなり難しい。②浅井の優勝を予想した際の連下が妥当な線か。

8番車は木村弘。自力か。先行を主張しているため、残り2周過ぎからレース主導権を取りに行く可能性は高い。早々に脚を使い切る可能性は濃厚なため、車券から外しても良さそう。

9番車は久米良。➄清水の番手か。準決勝では前団を確保した後、差し脚を発揮して1着を勝ち取っている。➄清水が先行や先捲りを買って出た場合は、優勝する可能性がある。本命視するのは難しいが、対抗や穴狙いで一考したい。

→立川競輪G3で勝ちたいなら「競輪CLUB虎の穴」が重賞コロガシと単発予想が選べるオススメの競輪予想サイトです。


※競輪レース展開や注目選手はあくまでも管理人個人の見解です。
親友「S級S班君」の情報ではないのでお間違えの無いようお願いします。


<<全部タダ登録できる、稼げる競輪予想サイト!!>>

今週の1位▶▶競輪JKI(日本競輪投資会)
↪5/12 平塚11R→平塚12Rで112万円の獲得!1ヵ月100万円生活を可能に!


今週の2位▶▶競輪RIDE
↪5/10 大宮6R→大宮12Rで88万円の獲得!回収率1000%超えは当たり前!


今週の3位▶▶競輪シャカリキライダー
↪5/9 松山4R→松山11Rで52万円の獲得!不況に強い!最強の投資先にシャカリキ集中!


今週の4位▶▶競輪ライジン
↪5/12 和歌山7R→高知11Rで39万円の獲得!負けを取り返す一撃必殺の的中を体験セヨ。


今週の5位▶▶競輪アンビシャス
↪5/13 高知9R→高知10Rで38万円の獲得!ワンコイン投資は早い安いうまい!


今週の6位▶▶競輪ギア
↪5/4 四日市2R→四日市9Rで33万円の獲得!根拠は無いけど超当たる!


立川競輪(G3) 鳳凰賞典レースの口コミ


名前:


この記事を読んだ人にオススメのサイト


▽▽ 競輪RIDE ▽▽
▽▽ 競輪RIDE ▽▽

最新的中は5月10日に確認!
・コース名は「GOLD」
・的中金額は、88万円
・登録特典で有料情報が大割引
・無料情報も絶賛公開中!
▽▽ 競輪ギア ▽▽
▽▽ 競輪ギア ▽▽

最新的中は5月4日に確認!
・コース名は「3rd」
・的中金額は、33万円
・登録特典で1万円分PT。
・成功者への近道!

アクセスランキング