【競輪レース予想】川崎競輪 アーバンナイトカーニバル(G3)の勝ち方

最新更新日:2021年09月16日に更新しました!

お知らせ

9/9記事UP G3蒲生氏郷杯王座競輪の勝ち方 ≫

競輪の勝ち方 川崎競輪(G3) アーバンナイトカーニバル


川崎競輪(G3) アーバンナイトカーニバル
開催期間 2021年8月5日〜8月8日開催
賞金 333万円
注目選手 吉澤純平
地元注目選手 佐々木龍
川崎競輪(G3) アーバンナイトカーニバル
開催期間:2021年8月5日〜8月8日開催 賞金:333万円 注目選手:吉澤純平 地元注目選手:佐々木龍


川崎競輪(G3) アーバンナイトカーニバルの勝ち方

❶出走条件や優勝賞金は?
S級の選手のみが出走でき、9R4日制で行われる。併せて、ガールズ競輪も3R4日制で行われる。優勝賞金は333万円だ。


➋開催場の特徴と傾向
川崎競輪場は、走路の改修工事でカーブを緩くしたことや、みなし直線を58mと長くした結果、捲り・差しの選手にも勝機が生まれ、逃げ・先行型の選手が直線で後ろから差し切られる「ズブズブ」の展開になるケースが増えている。これに加えて傾斜がキツいことから、インコースを狙った選手が、上位に絡む展開もよく見られる。また、臨海部に近いため、海から風が吹きつけており、主にバックスタンド側に風が通っている。バックスタンドでは追い風だが、最後の直線では向かい風となるため、そういった影響を受けても対応できる脚力が要求される。


❸注目選手とその理由
注目選手は、吉澤純平だ。2月の奈良記念で鎖骨を骨折し、復帰した4月の練習でアキレス腱を断裂した。その後、手術をして4か月近くの長期欠場から、前走の函館G2で復帰した。110点を超えていた競争得点も、今では105点まで落としている。特別競輪で決勝に乗った実績もあり、オールスターで強い選手が抜けた今大会なら、優勝候補の一角だろう。しかし、函館G2では、以前のようなキレは戻っていない印象のため、復調への期待を込めて注目選手として推したい。


❹地元の注目選手
地元の注目選手は、佐々木龍だ。今期A級からS級に復帰した。A級に落ちた理由も、失格点が多いだけで、実力が伴わなかったわけではない。むしろ、S級戦で十分に戦える選手だったため、A級への降級はもったいない話であった。降級前には、G1戦で2勝の金星を上げるなど、大活躍な選手だったため、今節のメンバーなら、人気レースに風穴を開ける可能性も高い。久しぶりの地元S級戦なだけあって、気合も違うだろう。自力自在を巧みに駆使して1つでも多く勝利を目指す。


❺アーバンナイトカーニバル 初日特選の流れ
1番車は、筒井敦史だ。単騎戦。前走の松山F1では、準優勝と好調。直近4か月の入着率が50%を超えているため、3着には抑えておきたい選手だ。川崎競輪では、2012年以降勝利がなく、相性が良いバンクとはいえない。しかし、今回は単騎で自由に動けるため、位置取り次第では、直線で伸びて確定版に乗る力はある。

2番車は、坂本貴史だ。地元の白戸淳太郎の前で走る。最近では差し・マークの決まり手もついていて、自在性を持ち始めた。しかし、松山記念以降、2か月近く未勝利と成績が良いとは言えない。先行すれば粘る脚もあり、捲りなら良いスピードがあるだけに、積極的なレースを期待したい。

3番車は、高原仁志だ。久米康平の番手。6月の小倉F1では優勝。その後のいわき平F1では決勝3着と成績は十分。7月は未勝利だが、2着連対40%、入着率70%と調子は良いだろう。差し脚は抜群で厳しい牽制をして、直線で抜け出すだろう。今節の競争得点最上位で優勝の期待が高い。

4番車は、白戸淳太郎だ。坂本貴史の番手。直近4か月未勝利となかなかシビアな成績。しかし、地元選手のため、1発に期待しよう。当場成績を見ると、2018年の桜花賞で決勝に進出していて、その時の再来を目指す。地元で流れを掴んで今後に活かしていきたいところだ。

5番車は、久米康平だ。徳島ラインの先頭。先行・捲り・差しと器用な選手。2着回数が目立つが、積極的に攻めてチャンスを作る。また、後ろには地元が一緒の先輩が付いているため、半端なレースは許されないだろう。6月の松山記念では、決勝で7着と悔しい思いをしたため、ここで記念競輪初優勝を目指す。

6番車は、吉澤純平だ。小林泰正の後ろ。自力ある選手で、巧みに小林泰正を操れば逆転勝利もあるだろう。直線長い川崎競輪のため、最終バックで最後方でもあきらめなければ入着もある。近況、レース回数をこなせていないだけに、ここで感触を掴みたい。

7番車は、村田雅一だ。単騎戦。決まり手の差しが10本と驚異の数字だ。前回の福井記念では決勝5着という結果だったが、直線の伸びは鋭く3着に届きそうな勢いだった。初日は単騎を選び目標はないが、自由に動けるのが強みだ。縦横強い村田雅一なら、番手競りや切れ目から、自分のタイミングで飛び出してチャンスを作るだろう。

8番車は、小林泰正だ。関東コンビの前。捲り主体の選手だったが、最近ではなかなか捲りが決まらず、先行が増えている。決まり手も先行が3本と最も多く、捲りで勝てない時は、積極的に動きそう。しかし、松阪F1では先行で決勝に乗っていて、パワーのある先行ということが分かる。こういった攻めが続くと捲りも決まりやすくなるため、注意が必要な選手だ。

9番車は、堤洋だ。徳島ラインの3番手を固める。コンスタントに勝ち上がりを決める選手だが、最近では準決勝敗退が続いていて、少し不安が残る。しかし、追走に失敗しているわけではないため、大きく心配することはないだろう。ここ最近の記念では、準決勝進出が最も良い成績だが、実力的には決勝に乗ってもおかしくはない。2009年以来、川崎では決勝に勝ち上がっていないため、川崎で10年以上ぶりの決勝進出を目指す。


❻アーバンナイトカーニバル 決勝の勝ち方(的中予想)
自力選手が7人とヤンググランプリのような構成になったが、実力はそれ以上の選手達で、面白いレースになりそうだ。先行は、ライン3車の南関ラインだ。位置取り上手い雨谷一樹が中団を狙いそう。四国コンビは後方に置かれてしまいそうだが、後ろを嫌う門田凌が早めに仕掛けそう。併せるように、関東の2人が踏み上げるだろう。南関ラインの番手にいる簗田一輝もそれに併せて番手捲りを放つだろう。バックから最終コーナーにかけて、団子状態になる可能性がある。そうなれば単騎勢の出番だろう。その中でも脚力上位の雨谷一樹と吉澤純平の関東の2人が優勢になるだろう。

1番車は白戸淳太郎だ。南関ラインの3番手。地元組で唯一の初日特選組で、郡司浩平らが不在の今、地元の主役だろう。2日目には、東京の若手・武田亮の先行から抜け出して勝利している。準決勝では、小林泰正が不発になると俊敏に切り替え、直線で伸びて3着で決勝進出を決めた。初日から3日目にかけて尻上がりに調子が良くなっていて、地元での大逆転勝利も夢じゃない。

2番車は吉澤純平だ。雨谷一樹の後ろ。初日は惜しくも4着と敗れたが、二次予選から2連勝で勝ち上がりを決めている。準決勝では、残り1周で内から掬われると、最終2コーナーでは、自力に切り替えて前を追走し、直線で追い込んで勝利を決めた。シビアに切り替えることができるのも、この人の強みだろう。怪我の心配がなければ、脚力はメンバーで最上位の存在だ。決勝でも流れをしっかりと見て走れば、優勝が見えてくる。

3番車は門田凌だ。四国コンビの先頭。先行・カマシ・捲りと器用な選手で、自力選手の理想とするタイプだ。初日は鐘カマシ、2日目は捲り追い込み、準決勝は先行と3日間ですべての戦法を使って、勝ち上がりを決めている。また、全てのレースで入着しており、調子の良さも伺える。積極的に目に出るレースが持ち味だが、無理駆けはしないため、落ち着いて中団を取ることもしばしばある。決勝の走りでは、どんなレースを見せてくれるのか期待したい。

4番車は櫻井正孝だ。単騎戦。自力自在に動ける選手だ。最近は、自力の調子があまり良くなく、初日も不発で敗れている。しかし、2日目から嵯峨昇喜郎という好目標を得たことで、調子を上げてきている。2日目には、追走から差し切りでワンツーを決めた。準決勝では、漢気溢れる嵯峨昇喜郎の先行の番手で後ろを何度も牽制し、2着で勝ち上がりを決めた。自力ある櫻井正孝なら、早めに番手捲りをすれば、1着は間違いなかった展開だが、番手で仕事をし続けたことへの信頼は厚い。嵯峨昇喜郎の思いと共に決勝へ進む。

5番車は伊原克彦だ。単騎戦。カマシ・捲りを主体とする選手だ。初日は中団の内に包まれる格好のまま、5着で終わってしまった。二次予選では、最終バックで後方に置かれる展開から、捲り追い込みで2着。準決勝でも、最終バックで後方に置かれていたが、再び捲り追い込みで直線を鋭く伸びて、1着で決勝進出を決めた。連日、展開に恵まれず、位置取りが悪い中でもしっかりと入着し、決勝に出場するため、脚の調子は問題なさそうだ。決勝でも、キレのあるスピードに注目したい。

6番車は内山雅貴だ。南関ラインの先頭。相性の良い川崎バンクなだけあって、好成績を収めている。得意な先行ではなく、捲りがハマっているため、周りの選手も動きが読みづらくなっている。準決勝では、前が競り合いになった直後に仕掛けて、しっかりと叩き切り、勝負勘もバッチリだ。決勝では唯一のライン3車でしっかりと仕掛けて、後ろの先輩に貢献する走りを目指す。

7番車は雨谷一樹だ。吉澤純平の前で自力。決勝に一番乗りを決めた雨谷一樹は、3日連続で入着している。好位を巧く確保してからの中団捲りが得意な選手で、ナショナルチームで培ったスピードは輪界トップクラスだ。2日目・3日目は、自らの得意な形から、捲り追い込みで勝利していてレース勘もバッチリだ。決勝でも、自分の形に持ち込めば優勝に近づくだろう。しかし、連日の調子の良さから厳しい牽制を受ける可能性もあり、雨谷一樹にとって難しいレースになりそうだ。

8番車は簗田一輝だ。南関ラインの番手。上りタイムを見ると調子は良さそうに思える。しかし準決勝では、直線で番手にハマっていたものの、後方から差し切りを決められているため、調子はあまり良いとは言えないのだろう。決勝も前を走る内山雅貴次第になりそうだ。自力に切り替えても、少し厳しいレースになりそうだが、番手発進のタイミングが合えば、優勝もあるかもしれない。

9番車は高原仁志だ。四国コンビの番手。今場所、競争得点最上位の高原仁志だが、期待とは裏腹に未勝利での勝ち上がりだった。しかし、準決勝では、門田凌の先行から抜け出して入着を決めた。前の選手次第といったところだが、決勝でも門田凌という心強い味方がいるため、優勢にレースを進められそうだ。この勢いのままに決勝では、今場所初勝利で記念優勝といきたいところだ。


→川崎競輪G3で勝ちたいなら「競輪CLUB虎の穴」が重賞コロガシと単発予想が選べるオススメの競輪予想サイトです。


※競輪レース展開や注目選手はあくまでも管理人個人の見解です。
親友「S級S班君」の情報ではないのでお間違えの無いようお願いします。


<<全部タダ登録できる、稼げる競輪予想サイト!!>>

今週の1位▶▶競輪カミヒトエ
↪3/25 川崎9R→川崎11Rで169万円の獲得!SNS認証付きで「副業」にピッタリな競輪予想サイト。


今週の2位▶▶競輪「裏」街道
↪3/26 松坂7R→松坂8Rで50万円の獲得!稼ぎに直結する関係者からのリーク情報の極みサイト。


今週の3位▶▶競輪CLUB虎の穴
↪3/28 川崎1R→川崎4Rで29万円の獲得!豊富なコースは潤沢な情報源の証だ。

今週の4位▶▶競輪シャカリキライダー
↪4/4 伊東7R→伊東10Rで18万円の獲得! 不況に強い投資競輪で稼げる競輪予想サイト。


今週の5位▶▶競輪JKI
↪3/5 小田原8R→小田原12Rで49万円の獲得! 競輪下克上ツールを完成させた。


今週の6位▶▶競輪RIDE
↪2/18 四日市2R→四日市10Rで54万円の獲得!リピーターが多く、利用者の口コミ評判が非常に良いサイト。


川崎競輪(G3) アーバンナイトカーニバルの口コミ


名前:


この記事を読んだ人にオススメのサイト


▽▽ 競輪カミヒトエ ▽▽
▽▽ 競輪カミヒトエ ▽▽

【NEW】最新的中は3月25日に確認!
・コース名は「4th・ベスト」
・的中金額は、169万円
無料予想が毎日貰える。
・高的中率を維持!
▽▽ JKI ▽▽
▽▽ JKI ▽▽

最新的中は3月5日に確認!
・コース名は「銅輪」
・的中金額は、49万円
・登録特典で1万円分PT。
・業界NO1の情報筋を持つサイト!

アクセスランキング